駆け足で一気に春が訪れたかと思えば

その勢いは鳴りを潜め

なじみのある冷たい風が吹くような1日が訪れる

太陽が柔らかく輝き 花が咲き乱れ

にぎやかな鳥の声にしばし聞き惚れ

スプリングコートの軽やかさがうれしい

という日を存分に味わったあと

灰色の空 うっかり咲いちゃったなあとでもいうような花

身を寄せ合っている小鳥たち

少し重たいカーディガン

そんな日の訪れもある

行きつ戻りつ

行きつ戻りつ

心の中も

ふりこのように

行きつ戻りつ

いつか揺れがおさまって

ぴたりと定まるときが来たら

きっとこのふりこの振れ幅を懐かしむ

大いに揺れ動いたからこその

ぶれない点を手にしたら

広告