20130312-143616.jpg

太陽の光が温かく降り注ぎ
冬の眠りから花々を目覚めさせ
かぐわしい香りとともに
新しい季節の到来を告げています

葉のきらめきに
季節が一巡したことを知り
一日として同じ日はなかったのに
記憶にある輝きに
また出会えたことが
素直にうれしい

時は流れて行きます
ゆっくりと
あるいは
加速して
それぞれの心の内で

喜びが
悲しみより少しでも
希望が
諦めより少しでも

311という記号の一日だけではなく
そこに繋がる364の日々にも
忘れてはいけないものがある

忘れずいられるでしょうか

当たり前ではないということを
記憶していられるでしょうか

広告