20121130-150916.jpg

心が欲するから する
ということを忘れていると
心に澱がつもってゆく気がする

制御不能のむきだしが
良いわけではないだろうけれど

深く潜らないと分からないほどに
自分の根っこががんじがらめになってしまっては

自分を形づくる
宝物のような小さな輝きさえ
忘れてしまっては

葉が散るときは散り
日が陰るときは容赦なく陰り
凍てつく朝は全てが凍る

そのくらいのきっぱりとした厳しさ

空気がきりりと澄む朝
全てに焦点があっているような
くっきりした風景

秋の深まり 冬のはじまり
単純なことに隠されている
とても大切なこと

広告