20110701-104445.jpg

七月最初のお客さまは
なんとも優雅な黒揚羽蝶

じっとり蒸し暑い空気をものともせず
ひらひらゆらゆら庭を飛び回り
アガパンサスや
クチナシの花の蜜を吸っています

子どもの趣味に付き合って
幼虫が蝶になるまで
見守ったことがあるけれど
これがホントに
ああなってこうなって??
というような
私には奇跡にしか見えないような
瞬間がいくつも

この黒揚羽蝶も
小さな奇跡を重ねてきたかと思うと
なにやら胸に迫るものがあり

こちらの受け止め方で
感じ方もいろいろになります

広告