きんもくせい

コメントを残す

朝の空気に

どこからともなく金木犀の香りが漂えば

それは

秋が来たということ

乾いた空気の中に

甘やかにあらわれる秋

楚々としてなお

コメントを残す

静かに風にゆれ

楚々と咲く秋の花

通り過ぎるまえに

足を止めて

しばし眺めると

なんというか

楚々としてなお

気高く 美しく 唯一無二

という

花の心意気がつたわってくるような

変化の流れとともに

コメントを残す

まだ夏のような暑さが残る昼間と

朝晩の

ひんやりと

すこし乾いた空気のコントラストが

この季節特有の雰囲気を醸し出す

自分の調子をよくみてあげながら

きるもの

食べるもの

のむもの なんかを

丁寧に選んであげるとよい季節

変化はいつでもあって

それが目に見える大きな変化であれ

すこししてから気がつくような

微細な変化であれ

いつも

わたしたちは

川の流れに乗るように変化する

目の前を見つめる視点と

大きく俯瞰してとらえる視点

両方を

意識的に使いこなしながら

ゆったりと

流れてゆく

1日に一つでも

コメントを残す

たくさんのできごとが

日々起きるでしょう?

いいと思うことも

これはいやだなと思うことも

たくさん起こってる

それぞれの

人のなかで

それぞれのできごとが

日々起こってる

わたしたちが

見たり聞いたりするニュースの多くが

どういうわけか

暗いニュースにかたよりがちなもんだから

わたしたちの考え方 感じ方まで

ニュース風味に

なってしまってるってこと

ないかな

それこそ

無意識に

全自動的に

わたしたちの

フォーカスが

かたよってしまってないかな

見上げる空には

美しい雲が流れていて

そこに差し込む日差しが

さらに美しいグラデーションをくわえてる

路地を歩けば

秋の花がひかえめに咲きはじめてる

耳を澄ませば

さまざまな鳥たちの鳴き声が聴こえる

今日入ったカフェで

お気に入りの音楽が流れてる

小さなこと

だけれども

たしかに

わたしの心を喜ばせてくれるもの

そんなものたちが

あふれているこの世界

喜びで心を震わせるものに出会ってること

気がついていたいな

1日に一つでいいから

ハローニューワールド

コメントを残す

夜中から激しさをました台風でした

空気が白くけぶって見えるほどの

横なぐりの雨

地鳴りのように

足もとから響いてくる強い風

眠れずに

窓から眺めた景色は

思わず真剣に見入ってしまう

有無を言わさぬ迫力で

台風が駆け抜けたあとの空は

キラキラまっさらに輝いている

そして

まるで全て入れ替わったかのような

この空気感

古く重たいものが

あの嵐とともに吹き飛ばされ

新しい空気に

世界が満ちているような感覚

ハローニューワールド

この新しい気持ちで

新しい一歩を踏み出す

今日から営業スタートです

コメントを残す

長くいただいておりました

夏休みが終わりました

コスモスが咲いたりして

少しだけ

秋の雰囲気

今日からcafe kaeru営業いたします

ふらり

おたちよりくださいね

2019年 夏季休業のおしらせ

コメントを残す

延々とやまない雨を眺めていた日々が

ウソのように

梅雨明けの知らせとともに

足下にじりじりと降り積もるような熱気の

暑い夏がはじまりました

cafe kaeruの夏季休業のおしらせです

2019/7/31(水)〜8/31(土)

この間、おやすみをいただきます

いつもより遅めスタートとなった夏本番

みなさまにおかれましても

よき夏をお過ごしくださいますよう

Older Entries